モバイルWi-Fiはこんな人におすすめはこんな人におすすめ

 ここでは、WiMAXなどのモバイルWi-Fiをお勧めしたい人をそれぞれまとめています。
 あなたが当てはまれば、モバイルWi-Fiが向いているかも。
 これから挙げていく内容に当てはまる人はモバイルWi-Fiを検討してみましょう。

 

モバイルWi-Fiをお勧めしたい人はこんな人

 モバイルWi-Fiに向いていそうな人はこんな人たちです。

 

外で充実したネット環境が欲しい人

 家から出てもネット環境が欲しい人にはモバイルWi-Fiがおすすめです。
 とくに、テザリングで対応している人は、実際に使うとその快適さに驚くことになるかもしれません。

 

テザリングとモバイルWi-Fiのちがい

 パソコンなどをスマホのテザリングを使ってネットにつないでいる人も多いと思いますが、この場合は
 〇スマホの電源がすぐに切れてしまう
 〇パケ代が高くなって、WiMAXを使った方が結局は安上がりだったりする
 などの問題があります。
 とくに、電池切れが心配になる人はモバイルWi-Fiの導入が良いと思います。

 

ネット回線の工事が面倒

 ネットの固定回線の工事は結構面倒で、大家さんの許可をとったり、工事日の調整で土日が空かず数カ月先まで予定が入らない等々・・
 この場合、モバイルWi-Fiを検討してみましょう。
 ただし、エリアの問題がありますので、WiMAXなどのモバイルWi-Fiのサイトでエリア内かどうかをチェックして、不安があれば公式サイトからお問い合わせしましょう。
 契約してからのキャンセルはできないので、不安なことがあれば問合せして、できればやり取りの記録も残しておきましょう。

 

回線工事って意外と面倒

 一人暮らしを始めようと思ったら、ネット環境を求めて固定回線を引く場合、どうしても工事が必要だったりします。
 元々ネット回線を引いてある物件の場合は問題ないと思うのですが、そうでない場合は自分で引かなければいけませんし。
 固定回線を引く場合、大家さんの了解を得る必要があるのが一般的です。
 「大家さんの財産に穴あけしてしまいました」では大変ですので、許可を得る訳ですね。
 そんなこんなで問題が色々ありますが、モバイルWiFiならこうした手間が省けます。

 

すぐにネットを使いたい

 すぐにネットを使いたい人にはまさにお勧めのモバイルWi-Fiです。
 なんといっても、最短即日でネット環境を手に入れることが可能なので、すぐにネットを使いたい人にはモバイルWi-Fiがおすすめです。

 

 

 

WiMAXをお勧めしたいのはこんな人

 モバイルWi-Fiにも色々ありますが、ここではその中でも高速、かつ月間容量無制限と言われているWiMAXはどんな人にお勧めなのかを挙げておきます。

 

WiMAXエリア内で生活していて、出張がある人


 WiMAXは地方出張に便利です。普段は無制限で爆速のWiMAXを使いまくって、地方への出張の際はWiMAXとLTEがサポート。
 WiMAXはLTEも使えるので、使い放題と、エリアの広さを誇るLTEの良い所取りが出来ます。
 

制限が掛かるのが気になる


 WiMAXにも制限は掛かります。
 無制限と言われている「ギガ放題」でも掛かりますので要注意なのですが、WiMAXは3日間で10GB以上利用時に、10GBを超えた日の翌日18時から翌々日2時まで1Mbps(目安としてYouTube動画の標準画質が見られるレベルを上回る)程度になるという制限がありますが、他社は「メールチェックは出来るレベル」だったしますので、制限が気になる人におすすめのモバイルWi-Fiになります。

 

 

大手のMVNOを狙うならBroadWiMAXがオススメ。

 

 

WiMAX2のエリア内に住んでいて、テザリングの料金を減らしたい
キャリア系のLTEを使っていて、速度の低下や料金の心配がある人にはWiMAX2がオススメ。
モバイル最速はやっぱりWiMAXです。

 

スマフォのテザリングで、電池の持ちが心配な人
通信をWiMAX端末で行うので、電池が長持ちで、スマフォは電話に専念できます

 

モバイルWi-Fiルーターは最新機種が良い?

 機械ものであるモバイルWi-Fiルーターは、最新機種がおすすめ。
 モバイルWi-Fiプロバイダによっては旧式の機種を安く出している所もありますが、どうせ買うなら新機種にしたいところです。
 なぜそんなに新機種を勧めるかというと、通信速度に差があるからです。
 たとえばW05という機種の場合、4×4 MIMO・CA対応で下り最大708Mbpsを実現していますが、旧式機種の場合下り最大440Mbpsだったりします。
 「どうせベストエフォードだし、今現在は地域も限られているし、そもそもそんなに出る訳ないじゃないか」という考え方もあると思いますが、3年程度持つことを考えたら、やはり現時点での最新機種をお勧めします。