地震、台風、洪水などで被災した時に使えるフリーWi-Fiについて

ここでは、防災士で防災ボランティアの経験があり、モバイルWi-Fiを10年以上く運用している管理人が、災害対策とモバイルWi-Fiについて書いています。

被災地での道路側れた時の画像

 地震や台風、洪水などで被災した場合、屋内の固定Wi-Fiは使えなかったりしますが、被災地では無料Wi-Fiが緊急に展開されます。
 これが「00000JAPAN」(ゼロファイブジャパン)です。
 00000JAPANは、DoCoMoやソフトバンク、Auが開放する無料Wi-Fiです。

00000JAPAN紹介画像

 00000JAPANは、すべてのユーザーに無料で開放される無料Wi-Fiのため、ID・PWの入力は不要。
 Wi-Fi接続をONにして、設定すればそのまま使えます。

上のTweetは2019年の台風接近時の00000JAPAN開設時のものです。
台風被害が想定されている地域での運用を告知しています。
被災に備えてご自分が使っているキャリアのTweetなどをフォローしておきましょう。


 

00000JAPANのリスク

00000JAPANのリスクは、なんといっても暗号化されていない事。
個人情報・ID・パスワードとかを入れるのは避けましょう。
参照:00000JAPAN等により無料開放された無線LANの利用について(注意喚起)

被災とクラウドWi-Fi

今もし私が被災地にボランティアで入るとしたら、おそらく後で述べるギガぞうWi-Fi経由で00000JAPANも使う事になるでしょう。
その他に自前でクラウドWi-Fi東京を持って行きます。
クラウドWi-Fi東京なら、なんといっても1カ月のレンタル期間で返却できます。
クラウドなので、DoCoMo・Au・Softbankの中から繋がる電波を拾ってくれます(Softbankメイン)。
被災地は、Wi-Fiどころか電話すら繋がるか分からない状況ですから、Wi-Fiも繋がらない可能性が高いです。
どこか1つのキャリアが繋がったとしても、そのキャリアを自分が持っていないと繋がらない状況が続きます。
ですから、具体的に被災を考えたらクラウドWi-Fiの方が良いと思います。
参照:クラウドWi-Fi東京を申し込んでみた

 

ギガぞうWi-Fi

自前のWi-Fiを持っていなくて、フリーWi-Fiも適さない情報伝達を考えた場合、ギガぞうWi-Fiが使えたら結構有効だと思います。
ギガぞうWi-Fiは、日本全国にWi-Fiエリアがありますので、被災地でも使える可能性があります。
もちろん、絶対ではありませんけれど。
ギガぞうWi-Fiは、「00000JAPAN」利用時におけるVPN接続機能を無償提供するので、心強いです。
無料トライアル期間もあるので、あとで止めるにしても、いざという時のために入れておくと良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ