このページは、モバイルWiFiを9年近く使っている管理人が、どんなときもWi-FiとクラウドWiFi東京を単純に比較しています。

モバイルWiFi端末画像

もしも、貴方が

  • よく分からないから、お勧めはどっちか教えて
  • クラウドWi-FiってどんなときもWi-Fiとどう違うのか分かりやすく知りたい
  • 料金だけじゃなく、もう少し詳しくクラウドWi-Fi東京とどんなときもWi-Fiの違いを知りたい

などと思っていたら、ぜひ見て頂きたいページです。

 


なお、クラウドWiFi東京、どんなときもWi-Fiともに4/23日現在新規申し込みを停止しています。

必要な方は早めに申し込みましょう。
今からでも申し込み可能なモバイルWiFi一覧→まだ間に合う・申し込み可能なモバイルWiFi一覧

 

おすすめはクラウドWi-Fi東京

ギガゴリWiFiの1年契約について説明しているOL

 先に書いておきますが、現状でのおすすめはクラウドWi-Fi東京です。

 月額・縛り・更新月等々を総合的にチェックすると、クラウドWi-Fi東京がおすすめです。

 

どんなときもWi-FiとクラウドWi-Fi東京の比較

どんなときもWi-FiとクラウドWi-Fi東京を、項目ごとに比較してみました。

 

初期費用

 初期費用について
どんなときもWi-FiとクラウドWi-Fiのチェック項目クラウドWiFi東京が3,980円(税抜)
どんなときもWi-FiとクラウドWi-Fiのチェック項目どんなときもWi-Fi3,000円(税抜)
どんなときもWi-Fiの方が980円安いです。

 

月額

 月額は、
どんなときもWi-FiとクラウドWi-Fiのチェック項目クラウドWiFi東京が3,380円(税抜)
どんなときもWi-FiとクラウドWi-Fiのチェック項目どんなときもWi-Fiが3,480円
どんなときもWi-FiとクラウドWi-Fiのチェック項目月々100円づつクラウドWi-Fi東京が安いです。
 ※初期費用の差額はありますが、1年経たずにひっくり返ってしまいます

 

契約解除料

契約解除料はクラウドWi-Fi東京にはありません。
クラウドWiFi東京なら1ヵ月過ぎればいつでもタダで解除できます。

 

クラウドWiFi東京をもっと詳しく:クラウドWiFi東京がおすすめの訳

どんなときもWi-Fiの契約解除料

どんなときもWiFiの契約解除料は以下になります。

どんなときもWi-FiとクラウドWi-Fiのチェック項目0〜12ヶ月目 19,000円(税抜)

 

どんなときもWi-FiとクラウドWi-Fiのチェック項目13〜24ヶ月目 14,000円(税抜)

 

どんなときもWi-FiとクラウドWi-Fiのチェック項目26ヶ月目以降 9,500円(税抜)

2年以内に解約する可能性がない人以外はクラウドWiFi東京の方がおすすめです。

 

端末料金

端末料金はどんなときもWi-Fi・クラウドWiFi東京ともに無料(レンタル)です。
ただし、返却できないときの違約金が違います。
どんなときもWi-FiとクラウドWi-Fiのチェック項目どんなときもWi-Fiは解約翌月10日端末本体/個装箱2点必着
どんなときもWi-FiとクラウドWi-Fiのチェック項目クラウドWiFi東京は翌月3日までに発送です。
※繁忙期などはとくに注意しましょう。

 

どんなときもWi-Fiの端末返却出来ない場合

どんなときもWi-FiとクラウドWi-Fiのチェック項目どんなときもWi-Fiの契約解除時は解約月の翌月10日以内に必着で、指定の宛先まで発送になります。(送料負担はユーザー)
返却期限までに返却がない場合、返却時に故障が見られる場合は機器損害金として18,000円(税抜)

 

クラウドWi-Fi東京の端末返却出来ない場合

どんなときもWi-FiとクラウドWi-Fiのチェック項目返送時の送料はユーザー負担。
どんなときもWi-FiとクラウドWi-Fiのチェック項目返送期日は必ず解約月の翌月の3日までに発送
どんなときもWi-FiとクラウドWi-Fiのチェック項目水濡れ・故障・紛失・盗難は25,000円(税抜き)

 

どんなときもWi-FiとクラウドWi-Fiのチェック項目どんなときもWi-Fiなら端末の紛失での請求金額は18,000円
どんなときもWi-FiとクラウドWi-Fiのチェック項目クラウドWi-Fi東京は25,000円

 

※紛失、水没を前提とするなら、どんなときもWi-Fiもありかもしれません。
なお、安心補償に加入している場合は、クラウドWiFi東京は水濡れ・故障は無料、紛失・盗難は15,000円(税抜き)。

 

海外での紛失対策

どんなときもWi-Fiの海外旅行に行った際の保証についての画像

海外でのWi-Fiの紛失対策でいうと、どんなときもWi-Fiが圧勝です。
どんなときもWi-FiとクラウドWi-Fiのチェック項目海外利用時に「盗難・紛失」にあった場合は中古品ランクA品を送ってくれます。
海外に行く予定がある人はどんなときもWi-Fiもアリですね。

 

どんなときもWi-Fiをもっと詳しく:どんなときもWi-Fiをおすすめなわけ

まとめ

同じ端末を使っているどんなときもWi-FiとクラウドWiFi東京で、料金体系等々を考えると、もし自分が今契約するならクラウドWiFi東京になります。
ただし、海外旅行に頻繁に行くならどんなときもWi-Fiもありかと。
海外旅行で携行品に保険が掛かっていて、端末の紛失、盗難対応できるなら、クラウドWiFi東京の方が月々の支払いも安くおすすめ。

 

クラウドWiFi東京 どんなときもWi-Fi
初期費用 3,980- 3,000-
月額 3,380- 3,480-
契約解除料 なし 19,000~
端末料金 無料(レンタル) 無料(レンタル)
端末返却 翌月3日までに発送 翌月10日端末本体/個装箱2点必着
端末紛失時の請求額 25,000-(安心保障加入時は水没落下無料・盗難・紛失は15,000-) 18,000-(安心保障加入時は水没落下無料)

 

 

※このサイトで書かれている内容につきましては、個人で調べて書かれています。各々の公式ページで確認してください。

このサイトはアフィリエイト広告を使用しています。ご承知の上でご覧ください。
TOPへ