リミットモードとスピードモードとモバイルWi-Fi

 最近は動画を観る人が増えてきています。
 動画を観ると、すぐに速度規制に掛かりませんか?
 このページではモバイルWi-Fi歴が8年を超えている管理人がリミットモードとスピードモード、そしてパケ代の節約について詳しく解説していきます。
 スマホ代が高いと思っていてモバイルWi-Fiに興味がある方のお役に立てたらうれしいです。

リミットモードとは

 ドコモのサイトでリミットモードを調べてみると、要するに
 利用可能データ量を超えてしまうとデータ通信速度が落ちてしまい、128Kbpsになってしまう設定の事です。

 

 このリミットモードは、支払額が増えることなく安心ではありますが、実際問題128Kbpsでは使い物にならないので容量を買い足す事になる人がほとんどだと思います。

 

 買い足すと、ドコモの場合1GBで1,000円!
 通常の設定の場合はこのリミットモードです。
 リミットモードの場合はイチイチ買い足すので「知らない間に使いすぎていた」という状況を防ぐことができるのがメリットと言えるでしょう。

 

スピードモードとは

 スピードモードは買い足す必要がなく、その都度自動で1GB追加オプションが加えられるシステムです。
 スピードもーとはイチイチ面倒な手続きをしなくてもスピードを落とさないで使うことができます。

 

 一方、知らない間に使用量が増えてしまった場合は勝手に(?)1GB1,000円取られます。
 ですから、「気が付いたら1万円も使っちゃった」みたいな事にもなりかねません。

 

スマホ代節約にモバイルWi-Fiを使う

リミットモード,スピードモード

 モバイルWi-Fiを使うと、たとえばネクストモバイルの場合、30GBで申し込んだ場合は1GBあたり約116円です(記事を書いている時点)。

 普通にスピードモードで増やして30GBとかだと万単位を覚悟しなければならないのに、ネクストモバイルWi-Fiを併用すると3,490円(税抜)です。
 20GBで良ければもっと安く使えます。

 

 コスパだけを考えたらモバイルWi-Fiを使わないのはとてももったいないと思うのですが、いかがでしょうか。
ネクストモバイルをもっと詳しく⇒ネクストモバイルを申し込んでみた

 

WiMAXを使う

リミットモード,スピードモード

 WiMAXを併用しても、そのままスピードモードで使うよりはお安くなります。

 ただし、WiMAXはエリアが狭めなので別な意味での注意が必要になりますけれど。
 WiMAXは3日間で10GB制限以外には制限が原則無いギガ放題プランがあるので、これを使うとWiMAXのエリア内なら使いでがあります。
 注意する事としては、LTEエリアで使うと7GB以上使った場合は128Kbpsに制限されてしまうこと。
 通常のギガ放題プランで想定されている3日間で10GB制限の場合は1Mbpsと比べると遅くなってしまうので、要注意。
WiMAXをもっと詳しく⇒WiMAX比較
 個人的には30GB程度で考えるならWiMAXよりネクストモバイルがおすすめです。

 

まとめ

 リミットモードを使っていて制限が掛かる・・そして、スピードモードで使うとお金が掛かる・・
 こんな悩みを持っている人におすすめなのがモバイルWi-Fiです。
 モバイルWi-Fiはコスパが高くスマホ代も節約できますので、スマホ代金が高いと悩んでいる人におすすめしたいと思います。
 WiMAXは月間50G以上使う人なら結構お勧めです。
 ただし、エリア内で使う事が前提で、LTEを使う場合はLTEで7GB制限があり、LTEエリアで7GB制限に掛かる場合にはWiMAXも引きずられて7GB制限になり、速度が128Kbpsになってしまうので納得の上で申し込みましょう。
 モバイルWi-Fiで最近注目されているネクストモバイルはコスパが高いのでスマホ代を下げようと思っている人におすすめのモバイルWi-Fiです。
 速度も普通に使う分には十分な速度が出ていると思います。
 ネクストモバイルの速度計測結果⇒ネクストモバイルの速度を実際に計測してみた