モバイルWi-Fiを水没させてしまったら

 このページは特に緊急性が高いので、結論を先に書いておきます。

電源を入れてはいけない
「徹底的に乾燥する」

 


 が基本です。

 

こんなミスをしてしまいました

 ドジな話で恐縮ですが、まだ防水のスマホを持っていなかったとき家族が風呂掃除の最中、胸ポケットに入れていたスマホを水が入った浴槽に落としてしまいました。

モバイル端末を水に落とした画像

 管理人が慌ててとった行動は・・やってはいけない事でした。

 

 「大丈夫か?」と慌てて電源を入れてしまったのです・・・。

 

 今にして思うと、濡れてしまった端末の電源を入れるのはNGなのですが、この時は慌ててついついやってしまいました。

後悔しているOLさん画像

 そんな経験をしている管理人がポケットWi-FiなどのモバイルWi-Fiルーターの水没対処法を書いています。

 

 今はスマホの防水化が進んでいますが、ポケットWi-FiやWiMAX端末などのモバイルWi-Fi端末は防水化が進んでいません。

 

 大事なモバイルWi-Fi端末の水没前に読んでいただいて、有効な対応ができれば良いのですけれど・・・。

バッチリ感出しているOLさん

【知っておきたい】ルーターを直すよりも乗り換えた方が安いケースも

 WiMAXで水濡れ対応の端末保証に入っていない場合は高額なお金を取られたりします。
 でも、実はBroadWiMAXなら他社のWiMAXからの乗り換えの違約金を払ってくれます

BroadWiMAXの違約金負担の条件をチェック

↓↓↓

BroadWiMAX公式サイトで違約金の確認

水没して修理に出すよりも乗り換えた方が安いかもしれないと思っているOLさん

 

これだけは知っておきたいモバイルWi-Fi水没対処法

ここでは万一モバイルWi-Fi端末を濡らしてしまった際の対処法をまとめてあります。

モバイルWi-Fiの電源ONはNG

モバイルWi-Fiルーターの水没対策を解説してるOLさん

 モバイルWi-Fiやスマホなど、水の中に落としてずぶ濡れにしてしまった経験がある人ならお分かりだと思うのですが、ついついやってしまうのが慌てて電源を入れて生きているか確かめてしまうことです。

 

そもそもなぜ電源を入れてはいけないの?充電は?

 電源を入れると壊れる理由は以下のとおりです。
 また、充電なども危険ですので止めましょう。

ダメ出ししているOLさん

  • 壊れる可能性が高くなる
  •  水が浸入した状態でモバイルルーターの電源を入れると壊れる可能性が高くなってしまいます。
     防水ではないモバイルWi-Fiのルーター場合、水没してすぐに取り出してもかなりの確率で中に水が入っています。
     もちろん、普通に濡らしただけでも電源ONはNGです。

     

     内部に侵入した水が回路の中の電気をあちこちに繋いでしまいますから、結果的にショートしてしまいます。

     

     ショートしてしまえば中の回路は壊れてしまいますから、慌てて電源を入れて生きているか確かめるのは止めましょう。

     

  • 充電も危険
  •  危険なので充電も止めましょう。
     万一充電中に水をかけてしまったりした場合は感電しないように十分注意しましょう。

     

  • 電源が入っていたら切る
  •  水没や水濡れの時点で電源が入っていたら、関電に注意ながら、まず電源を落としましょう。

 

中にあるSIMカードなど、外せるものを外す

モバイルWi-Fiルーター水没対策の手順を解説しているOLさん

 外せるものをなるべく外して少しでも早く乾くようにしましょう。

 最近のモバイルWi-Fiなどは電池が外せないものが多いので、これは仕方ないですが外せるところはなるべく外すようにしましょう。
 もし、私のFS030Wだったら電池を外した後、下の画像みたいに電池も外してシムカードも外します。

ネクストモバイルルーターのシムを外したところ

 

天日干しを行う

モバイルWi-Fiルーターの天日干しについて解説している画像

 天日干しを行って、中にある水分を少しでも飛ばしましょう。

 ※気温に注意。暑すぎる所に放置するとモバイルWi-Fi端末は壊れてしまうこともあります。
  とくに、夏季は要注意です。

 

ジップロックと乾燥剤を使う

モバイルWi-Fiルーターの水没対策関連画像

 モバイルWi-Fi端末をジップロックなどに入れ、これに乾燥剤を入れて乾燥をより促進させます。

 乾燥剤はシリカゲルがおすすめ。
 同じ用途で使われていてお菓子の袋などに入っている石灰系の乾燥剤は水につけると高温になりますので止めましょう。

 

石灰と火災について参照サイト→生石灰と熱発火に関する研究論文(s59)

 

ドライヤーはお勧めできない

 ドライヤーを使えば簡単に乾かす事もできます。
 しかし、一方で熱による影響やドライヤーが起こす風によって余計に水分を奥まで追いやる事にもなりかねませんので、あまりお勧めは出来ません。

 

モバイルWi-Fiの水没を防止するために

 

 ポケットWi-FiのようなモバイルWi-Fiは水没が怖いです。
 しかし、スマホのように電話に出なければいけないわけではありません。
 そこで、こんな方法を考えてみました。

 

 

水没対策のチェック最初からジップロックに
 ゲリラ豪雨や台風の中での外出など、強い雨が予想される日は最初からジップロックに乾燥剤を入れて、その中に入れておくのも手です。
 これで、もルーターの水濡れを少しでも防ぐことができるかと。

 

水没対策のチェック熱に注意 
 ただし、ジップロックに入れてしまうと熱がこもったりするので、最初から入れておくのは特に夏季に関してはおすすめしません。

 

 バッテリーが過熱して放熱できなくなる可能性があります。

都内赤坂近辺の夜景画像

モバイルWi-Fiの補償をチェック

 ここまでは応急処置の話ですが、WiMAXなどのモバイルWi-Fiの場合は自分がオプションで入っている補償をチェックしましょう。
 ネクストモバイルWiFiの場合は、この記事を書いている時点で水没に対応していません

ネクストモバイルルーターとスマホ画像

 いわゆるメーカー保証の延長の保証ですが、WiMAX端末の場合はオプションで水没に対応しているものがあります。
 この場合は、修理に出すのも良いと思います。

 

 応急処置は代替機を手に入れるまでの時間稼ぎと言った感じになります。
 水没対応のWiMAXプロバイダでおすすめを一つご紹介します。

 

 BroadWiMAXの保証プラン安心サポートプラスは、水濡れ・正常な使用状態での自然故障が無料で修理が行えるオプションサービスです。
※紛失・盗難・部分破損・故意での故障は対象外となります。
 BroadWiMAX公式サイト⇒https://wimax-broad.jp/
 

更新月と解約


 水没対応の補償に入っていなくても、更新月がもうすぐ来るなら、慌てて修理などをしないで、新しいモバイルWi-Fiプロバイダと契約して、更新月まで待って水没したモバイルWi-Fiを解約すると、トータルコストが安くなるかも。

モバイル,Wi-Fi,ポケットWi-Fi,水没

WiMAXからWiMAXへの変更をお得に

WiMAXからWiMAXへのお得な乗り換えについて解説しているOL

 BroadWiMAXなら更新月が当分先でも、他社の違約金を出してくれます。

 ただし、上限・条件があるので、公式サイトに行って確かめたうえで、納得してから手続きをしましょう。
 ※BroadWiMAX公式サイで他社の違約金をチェックト⇒https://wimax-broad.jp/

 

 

まとめ

おすすめのモバイルWi-Fi画像

  • 徹底的に乾燥させる
  •  ポケットWi-FiなどのモバイルWi-Fiを水没させてしまった場合、電源を入れずに乾燥させましょう。

     

     この際、ドライヤーなどを使わずに天日を使うことをお勧めします。
     水没対策のチェック天日を使う際は高温に注意しましょう。
     とにかくシッカリと乾燥させましょう。

     

  • 補償のチェック
  •  自分が水没対応の保証に入っているかチェックしましょう。

     

  • 乾燥剤を持ち歩く
  •  ジップロックと乾燥剤は普段モバイルWi-Fiを入れておくと不意の雨などでも使えますので、気になる人は持ち歩くのも良いでしょう。

     

  • 更新月をチェック
  •  水濡れ保証に入っていない場合で更新月が近いなら、修理しないで新しいモバイルWi-Fiを契約して更新月になってから解約する方が安くなるケースもあります。

     

  • 他社WiMAXからの乗り換えで違約金を払ってくれるWiMAXプロバイダ
  •  ブロードWiMAXなら、他社の違約金を出してくれたりしますので、公式サイトをチェックしてみましょう。
     ※BroadWiMAX公式サイト⇒https://wimax-broad.jp/

 

 ※このサイトに書いてある内容は、個人的に調べたものですので、自己責任の範囲でご覧ください。

 

TOPへ