WiMAXをブリッジオンにする

 このページでは、ブリッジオンのメリット、クレードルについて、簡単に分かりやすく解説しています。
 また

ブリッジオンにすると、どんなメリットがあるの?」

 

クレードルって必要?

 

「無料Wi-Fiって、セキュリティが心配なんだけど」

 


 

 

などのお悩みをもっている人に読んでもらいたいページです。

 

 WiMAXやネクストモバイルなどのモバイルWi-Fiををブリッジオンにするとどんなメリットがあるのでしょうか。

 

 これからWiMAXを手に入れようとしている人や、セキュリティなどの面からホテルや公共の場所などでの無料無線Wi-Fiをなるべく使いたくない人にぜひ知っておいてもらいたい内容です。

モバイル,Wi-Fi,ブリッジオン

 一般的にWiMAXをブリッジオンする場合はクレードルを使ってブリッジオンする場合と、WiMAXに接続できる端末を1台だけにして代わりに高速接続を可能にする方法「高速接続ブリッジモード」があります。

 

 このページでは普通にブリッジオンするメリットについて解説していきます。

 

クレードルを使ってブリッジオン

 WiMAXをクレードルを使ってブリッジオンする場合、クレードルは見た目はスタンド型の充電器に似ていますが、実際にはWiMAXの機能を拡張してくれます。

 

 クレードルを使う事によって普段繋がっていない自宅などの有線ネットワークとWiMAXなどのモバイルWi-Fiなどをつなぐことができます。

モバイル,Wi-Fi,ブリッジオン

 パソコンには有線LANの取り付け口がありますから、これを有線のLANに繋ぐようにクレードルケーブルに接続します。
 あとは端末側の設定を行えばクレードルがLANに接続されます。

 

クレードルにWiMAX端末を設置する

モバイル,Wi-Fi,ブリッジオン

 以前、私がWiMAXを使っていた時(使い放題だったWiMAXの時などはとくに)は、クレードルは「ただのスタンド型の充電器」程度の意識しかありませんでしたが、有線をクレードルに繋ぎ、クレードルにWiMAX本体を接続・設定するだけで自力でネットまで電波を飛ばす必要が無くなります。

 

 有線LANの契約のほとんどが使い放題なので、WiMAXの3日間で10GB制限などの制限を気にすることなく使うことができる訳です。

 

 また地方ではWiMAXが圏外になってしまいLTEを使わざるを得なかったりしますが、この状態で普通にWiMAXを使っていると例の「月間7GB制限」に引っかかる可能性が出てきますので、無料の有線Wi-Fiがあるならクレードルからブリッジモードを使うのも良いと思います。

 

 具体的な設定については機種によって違うので、詳しくはこちら取説公式ダウンロードサイト(UQWiMAX)
 また、WiMAXから電波を飛ばすよりも、有線LANを使った方が速度が速いのが一般的なので、WiMAXをそのまま使うより通信速度が速くなることも考えられます。

 

こんな時にクレードルを使ってみよう

 クレードルは必要ないと言っている人も多いと思いますが、特におすすめなのが出張等の際、ホテルの無線Wi-Fiを有線で場合などは結構重宝します。

 

 有線LANを使う場合は、どの機器にルーターが接続されているかが明確なので、第三者による不正な通信のリスクが低減されます。
 個人的には無料無線Wi-Fiは怖くて使っていませんので、クレードルと自分のWi-Fi端末を使っています。

 

詳しくは、主なWiMAX端末の取扱説明書をご覧ください。
取説公式ダウンロードサイト(UQWiMAX)

 

まとめ

 WiMAXのブリッジモードはこんな人におすすめ

  • WiMAXのギガ放題プランなど、使い放題プランに入っていない
  •  ギガ放題プランなどの使い放題プランに入っていない場合は、記事を書いている時点で7GB容量制限に引っかかるとWiMAXの速度がかなり遅くなってしまいます(128Mbps)ので、ブリッジモードを併用すると良いでしょう。

     

  • 10日間3GBなどの制約に引っかかってしまいそう
  •  3日間10GB制限に引っかかると、WiMAXの速度は1Mbps程度になってしまいますので、これを避けるためには、有線LANをうまく使いたいところです。

     

  • 外で有線Wi-Fiを使いたい
  •  セキュリティーの問題などから無料無線Wi-Fiを躊躇している人におすすめです。
     一番の問題はこれかもしれません。
     無線LANのセキュリティが気になるなら、有線LANを使った方が少し安全性が高まると思います。
     もちろん、有線LAN自体は他の人も使っている訳です。

     

     ですから、例えばホテルの中に悪い人がいたらハッキングの危険性などは残ります。
     でも、無線で外にダダ洩れよりはマシかという感じで使っています。
     もしかしたら、気休め程度かもしれませんね。
     とはいえ、無料Wi-Fiのそばで、似たような名前でネットワークを構築して成りすましとか・・無線だったら間違えて入ってしまうかも・・・。

     

     個人的にはVPNを入れた方がより安全かもしれないと思いつつ、VPN自体が危険だったりするので、今のところ導入していません。
     本当にセキュリティーが必要な場合は、WiMAX本体を使うなどした方が安全性は高いと思います。
     いずれにせよ、無料回線で暗証番号が必要なものとか、クレカ決済とかはしない方が良いと思います。

     

  • WiMAXのLTEを使うと月間7GB制限に引っかかってしまいそう
  •  地方に行く機会が多い人やビルが多い場所に宿泊するなど、WiMAXの入りが悪い場合はLTEを使う事になったりしますが、この場合は有線LANに繋ぐのもありです。
     もちろん、無料の無線Wi-Fiでも良いと言えば良いのですけれど。
     とくに、ギガ放題プランでもLTEで7GBを超えるとWiMAXも月末まで128Mbpsになってしまうので要注意です。

 

 WiMAX自体はギガ放題プランであればLTEを使った時や3日間10GB制限などの条件をクリアすれば「無制限」で使えますから、必要ない方も多いと思うのですが、個人的には出張中のホテルで便利に使っていました。

 

※なお、このサイトに書いている内容は、個人的に調べた内容であり、記事を書いた時点での話ですので、自己責任でご覧になり、詳細等は公式サイトで必ずご確認ください。