MugenWi-FiとクラウドWiFi東京を徹底的に比較します

MugenWiFiとクラウドWiFi東京の違いについて説明しているOL

このページでは、クラウドWiFiで注目を浴びているMugenWi-FiとクラウドWiFi東京の価格・違約金等々の比較をしています。

 

 

 

【緊急】今だけ!楽天モバイル1年間無料(キャンペーン終了まで)

キャンペーンをもっと詳しく

↓↓↓

 

 

先に概略を書きますが、2年以上使う可能性が高いならMugenWiFi短期間で買い替えるならクラウドWiFi東京、紛失を考えるならケースバイケースです。
これからクラウドWiFiを考えている人のお役に立てれば幸いです。

初期費用(事務手数料)

MugenWiFiとクラウドWiFi東京の違いについて説明しているOL

モバイルWiFiを使う際、最初に支払うのが事務手数料です。

事務手数料は初期契約解除制度を使っても帰ってこないお金ですので、申し込んだら必ず発生します。

クラウドWiFi東京は3,980円(税抜)
MugenWi-Fi初期費用3,000円(税抜)

 

※初期費用はMugenWi-Fiの方が安いです。

 

MugenWi-Fiなら30日間お試し期間がある

MugenWi-Fiなら、なんと30日間のお試し期間があるので、自分が生活するエリアでしっかり試してから契約することが出来ます。

 

MugenWi-Fiをもっと詳しく

↓↓↓

MugenWi-Fiはこんな人におすすめ

 

月額料金

MugenWiFiとクラウドWiFiの月額料金について説明しているOL

月額料金は、月々かかるお金です。

MugenWi-FiもクラウドWiFi東京も、モバイルWiFi端末はレンタルですので、壊してしまうとお金が掛かります。
どちらも水没に対応しているオプションがありますので、加入する事も考えましょう。
その際の金額も載せておきます。

 

MugenWiFi

  • MugenWiFiは2プラン
  • プラン名

    月額

    アドバンスプラン

    3,880円

    格安プラン

    3,280円(税抜)

 

※プランの違いは機材の違い。アドバンスプランは充電機能、表示画面、翻訳機能付き。
個人的には、海外で翻訳するならWi-Fiの電源を無駄に使いたくないですし、普通に評判が良い翻訳機を別途買って持って行くので、格安プランで十分だと思います。
※オプション月額500円(水没対応)

 

クラウドWiFi東京

  • クラウドWiFi東京は1プランでシンプル
  • クラウドWiFi東京:3,380円
    オプション:400円(水濡対応)

オプションもトータルすると、MugenWi-Fiの格安プランとクラウドWiFi東京は同じ料金になります。

端末の紛失

端末を紛失した際の金額を整理すると以下のとおりになります。

 

MugenWi-Fi

  • 無限WiFiは残月数
  • MugenWiFiとクラウドWiFi東京の違いについて説明しているOL

    MugenWiFiは、端末の紛失の場合、1,600円×残月数(税抜)

    「あと3カ月で25か月になるところで紛失しちゃった」という場合、1,600円×3=4,800円(税抜)を支払う事になります。
    1年前に無くすと、19,200円とかになったりしますので、結構大きいですね。
    なお、2年間使うと端末の返却の必要がないのがありがたいです。

クラウドWiFi東京

  • クラウドWiFi東京はオプション加入で負担が下がる
  • MugenWiFiとクラウドWiFi東京の違いについて説明しているOL

    クラウドWiFi東京の場合は、オプション(安心補償)に入っていると15,000円(税抜)

    オプション未加入の場合は25,000円(税抜)の負担になります。
    ただし、途中解約しても違約金はかかりませんので、その点は安く済みます。

途中解約

MugenWiFiとクラウドWiFi東京の違いについて説明しているOL

ここでは1年で解約した場合の解約に掛かるお金をチェックしてみましょう。

 

途中解約

MugenWiFiの途中解約
1年未満:9,000円(税抜)+送料
1〜2年未満:5,000円(税抜)+送料
ただし、オプション600円を付けると、解約でお金が掛からないように出来ますが、月々の合計金額が3,980円になります。
この場合でも、返却時には返却手数料として1,000円(税抜)と別途返送にかかる送料が発生します。
※クラウドWiFi東京の場合は端末送料だけになります。

1年で解約すると、万一端末の紛失の場合、クラウドWiFi東京はオプション加入で15,000円で済みますが、MugenWi-Fiの場合は2年間縛りなしオプション無しで9,000+19,200円=28,200円になります。
端末が無くならなければこんな事にはなりませんし、MugenWi-Fiの場合は25か月目以降は端末の返却は必要ないのもポイントです。

 

まとめ

MugenWiFiとクラウドWiFi東京の違いについて説明しているOL

いかがでしたでしょうか。

ここで、簡単にMugenWiFiとクラウドWiFi東京をおすすめな人をもう一度それぞれ整理しておきます。

 

2年以上使うならMugenWiFi

MugenWiFiとクラウドWiFi東京の違いについて説明しているOL

MugenWiFiは、2年以上使う予定がある人におすすめです。

紛失に関しても、一か月ごとに1,600円づつ支払わなければいけないお金が減っていきますので「万一落としたらそれは仕方ない」と割り切るなら良いと思います。
普通に2年間使う事を前提とするなら、端末の返却が不要なMugenWiFiをお勧めします。

 

 

短期間で買い替えるならクラウドWiFi東京

MugenWiFiとクラウドWiFi東京の違いについて説明しているOL

クラウドWiFi東京は最低利用期間1ヵ月で、しかも違約金が存在しませんので、もしも「すぐに別な機種に変えたくなるかも」と思っている人におすすめです。

クラウドWiFi東京は紛失時が高い

1年11カ月で紛失したとしても、クラウドWiFi東京は、オプション加入でも15,000円掛かります。
また、2年以上使う際にも無限WiFiなら送る必要がないですが、クラウドWiFi東京は端末を返却する必要があります。

 

紛失した時は、他のモバイルWiFiに加入するなど色々お金もかかることを考えると、安い方が良いですね。

 

クラウドWiFi東京をもっと詳しく

↓↓↓

クラウドWiFi東京の特徴・評判

 

 

※このサイトの記事を書いた時点での最新の情報を乗せるようにしていますが、申込の際などは、必ず公式サイトでの確認をお願いいたします。

 

 

 

 

 

TOPへ