クレードルはこんな時に大活躍

 私はクレードルをWiMAXでもネクストモバイルでも使ってきました。

クレードル付きWiMAX端末画像

 そんな管理人が、どんな人にクレードルって必要かを分かりやすく解説しています。
 

 「クレードルセットを申し込むべきか迷っている

 

 「クレードルってどんな時に有効なの?

 

 「クレードルのメリット・デメリットを知りたい」

 

 「クレードルでWi-Fi接続しているんだけど、容量が減っていく!なぜ??」

 


 こんな悩みをもっている人の参考になればうれしいです。

 

 私自身は便利に使わせて頂いていますが、クレードルは必要ない人には無用の長物かもしれません。

クレードル付きネクストモバイル端末画像

 

クレードルはこんな人に便利

 クレードルは、意外に役に立つ人もいます。
 そんなクレードルの便利な面をお伝えしていきます。

 

部屋の中でモバイルWi-Fiを探す事が多い

クレードルがおすすめな人はこんな人

 クレードルは、有線で固定して使いますので、家に帰ってきてから置く場所を固定することができます。

 

クレードル付きネクストモバイル端末

 つまり、携帯電話のホルダーみたいにいつも同じ場所に固定しておくことができますので、紛失する可能性が少なくなります。

 

 私の知人でも、クレードルを「端末の充電ホルダー」として使っている人もいます。 
 これは地味ですが、日常生活でWi-Fi端末を家の中で探したことがある人にはメリットだと思います。

クレードル付きWiMAX端末

 

充電を忘れて困った事がある

充電を忘れないためにクレードルを使っている画像

 充電を忘れて困った経験は誰でもあると思いますが、クレードルは卓上充電スタンドとしても使えます。

 

 卓上受電スタンドがあれば、帰宅してからモバイルWi-Fi端末を差しておけば自動で充電してくれますので、充電を忘れる心配が減ります。

 

Wi-Fiを使っていてもデータが消費される?

 ネット上で色々調べていると、Wi-Fi設定はされているのに、容量を消費してしまう場合が意外と多いのにびっくりしたりします。
 この場合、設定を確認してみましょう。

 

クレードルを使っていてもデータが消費されていく

クレードルを使っていてもモバイルWi-Fiの使用データが増えている場合の解説

クレードルを使っていてもデータが消費されていく場合は、クレードルの設定を見てみましょう。

 

 私が今使っているネクストモバイルの場合は、端末が初期設定の状態では普通の充電器的な役割しかしないようになっています。

 

 こうなると、クレードルというよりもただの卓上充電スタンドですから、Wi-Fiではなく、そのままネクストモバイルにつながっているだけの状態になります。

LANケーブルと設定を行って家のWi-Fi端末として使っているモバイルWi-Fi端末の画像

 上の画像ではキチンと電源とLANケーブルを差していますが、ソフトの設定をしないといけません。

 

 要するに、設定を変えないと有線LANケーブルに差していてもネクストモバイルのデータ通信量が増えていってしまいますので、要注意。

 

FS030Wとクレードルの設定

モバイルルーターとクレードルの設定について解説しているOLさん

 私が使っているFS030wであれば、下の画像のようにソフトウエアをスマホにダウンロードして設定することができます。

 

クレードルの設定


 最初、設定に結構手間取りました。
 切り替わった表示無かったので、「保存する」をタップしても元の画面に戻ってしまい、保存できているのかよく分からなかったのです。

 

 また、クレードルにFS030Wがきちんとはまっていなかったこともあり、(新品同士で入りが悪かった)「これで良いのかな??」と結構苦労しました。

 

 

iPhoneWi-Fiアシストを切る

iPhoneのWi-Fiアシストカットについて解説しているOLさん

iOS 9 以降では、Wi-Fi アシストを使って、Wi-Fi の接続状況がよくないときに自動的にモバイルデータ通信に切り替えることができます。

 

クレードルをホテルで使ってみた

 出張先のホテルでクレードルを使ってみました。
 有線でホテルの無料Wi-Fiからクレードルに繋いで飛ばしてみたのですが、その結果は以下のとおりでした。
 ネクストモバイルでも速度を計測していますが、合わせて比較しています。

 

出張先でクレードルを使った結果

クレードルを出張先で使った時のインプレ

 クレードルを出張先のホテルで使ってみましたが、結構快適。

 ネクストモバイルは月間容量制限がありますので、出張先で容量を考えずに使えるのは結構有難い。
 動画も見られますし、結構楽しくやれます。

モバイルWi-FiのクレードルをホテルのWi-Fiに繋いで速度計測

 この画像、意外と遅いと思いますよね。
 実際にWi-Fiに有線接続した時のやつなのですが、速度は610Kbpsでした。
 でも、この速度でも結構普通に動画を観ることは可能でした。
 計測時間は夜中の2時過ぎにこの速度だったのですが、動画の視聴をしてみて結構見ることができたのは新鮮でした。

 

 こんなに遅かったのもビックリですけれど、ホテル中でWi-Fi使っていたのかもしれません・・夜中の2時過ぎに(苦笑)

 

ネクストモバイルで速度計測

 同じ状況で同時刻にネクストモバイルでも速度計測をしてみました。

ホテル7階でネクストモバイルの速度計測結果

 場所は建物の7階なのですが、バッチリ電波が入っているだけでなく、32Mbpsでした。
 これだけ違うと動画を落とすと、さすがに速さの違いを実感できます。
 建物の7階なのに、ここまで速いなら何の問題も無いですね。

 

クレードルはセットがお得とは限らない

 私がネクストモバイルを買った際にはクレードルセットが無かったのでアマゾンで買いました。
 「もしかしたらクレードル要らないかも」って思ったので、すぐには買わなかったのですが、結局便利さに負けて買ってしまいました。

 

 クレードルはキャンペーンをやっている所の場合、\3,000-分程度キャンペーン料金から引かれていたりしますから、「必要だ」と思った時に買うのも良いと思います。

まとめ

 クレードルには以下のメリットがあります。

モバイルWi-Fiルーターに使うクレードルのメリットのまとめ

有線LANを無線化できる
充電する際、簡単にできる
Wi-Fi端末を無くす心配が減る
従来から使っている有線LANを無線化できる

 

 などなど。
 こうしたメリットに魅力を感じない場合は、わざわざお金を払ってクレードルを買う必要は無いと思います。
 個人的には出張先で便利に使っています。

 

TOPへ