【申し込み前に知っておきたい】ネクストモバイルのデメリットについて

Nextmobile,demerit,ネクストモバイル,デメリット

 ネクストモバイルは、デメリットについては意外と知られていません。
 このページでは、ネクストモバイルについて
 

 

「実際に使っている人が感じたデメリットも知りたい

 

 「ネクストモバイルの速度制限とかどうなっているの?」

 

 「ネクストモバイルとWiMAXのデメリットと比較してみたい」


 

 などの悩みをもっている人にぜひ見てもらいたいページです。

 

 私自身もずいぶん(8年ちかく)お世話になったWiMAXからネクストモバイルに乗りかえました。
 このページではネクストモバイルのデメリット、WiMAXのデメリットと比較しながら解説していきます。

 

ネクストモバイルのデメリット一覧


 ネクストモバイルのデメリットを分かりやすく纏めてみました。

ネクストモバイルの5つのデメリット

容量を後から増やすことができない

Nextmobile,demerit,ネクストモバイル,デメリット

 ネクストモバイルは、後から容量を増やす事が出来ません。

 WiMAXのギガ放題プランであれば使いすぎた場合、3日間で10GB制限とか、LTEを7GB以上使った場合は128kbpsになってしまうとかの制限があります。

 

 WiMAXの制限で問題なのは、ギガ放題プランでのLTEで7GB制限です。
 LTEで7GBに引っかかってしまうと、翌月までLTEだけでなくWiMAXも128Kbpsで我慢しなければいけなくなります。
 128Kbpsになると、テキストのやり取り以外はかなり厳しくなってしまうのです。
 しかも、ネクストモバイルは容量を買い足す事ができません。

 

 つまりネクストモバイルは20GB・30GB・50GBの各々のプランを超えてしまうと月末まで延々と128Kbpsになってしまうのです。

 

 一方、DoCoMoなどの場合は容量を足すことができますし、WiMAXの場合はWiMAXだけを使っている分には「3日間で10GB制限」をクリアできれば事実上制限なしで使うことができます

 

 

端末の保証がイマイチ

Nextmobile,demerit,ネクストモバイル,デメリット

 ネクストモバイルは、端末の水濡れ保証をつけることができません(記事を書いている時点)。

 メーカー保証の延長は出来るのですが、水濡れ保証が付けられませんので、正直あまり必要性を感じないのです。
 自然故障の場合はメーカー保証が1年間付いてきますので、個人的には事実上1年間延長するために1年目からお金を払っているみたいな・・感じがします。

 

 私自身何度もWiMAX端末を使っていますが、今まで端末が壊れたことが無いので、今回ネクストモバイルを契約する際、特に延長保証はつけませんでした。

 

 もしも水没に対応するオプションがあったら検討したと思います。
 出張中ゲリラ豪雨に遭って書類をずぶぬれにした経験がありますので。

 

 今どきはスマホも防水が当たり前ですので、ネクストモバイルWi-Fi端末に限らず、防水使用になってくれると良いのですけれど・・。

 

PING値があまり良くない

Nextmobile,demerit,ネクストモバイル,デメリット

 これは、ゲームとかをやっていると気になる事だと思うのですが、ネクストモバイルはPING値があまり良くありません。

 PING値は、サーバーから戻ってくる反射速度(サーバーから返ってくるレスポンスの速さ)の事で、msという単位が使われます。
 ダウンロードなどの速度の場合は数字が大きければ大きいほど良いのですが、PING値の場合は数字が少ないほどレスポンスが良いという事になります。

Nextmobile,demerit,ネクストモバイル,デメリット

 上の画像は実際のネクストモバイルのPing値ですが、このPING値がネクストモバイルはあまり良くありません。
 これは、格闘型のゲームなどをやると分かるのですが「動いたのにそのままやられてしまった?!」みたいな事が起こりやすくなります。

 

 WiMAXを使ってゲームをやっていてもこの種の事は起こりやすいので、モバイルWi-FiでPING値を求められるゲームをやるのは不利なのですが、ネクストモバイルでも固定回線と比べると確実に不利になると思います。
 ですから、対戦型のゲームをやろうと思ったら固定回線をお勧めしたいと思います。

 

WiMAXよりも速度が遅め

Nextmobile,demerit,ネクストモバイル,デメリット

 ネクストモバイルはWiMAXよりも速度が遅めです。

 もしも、WiMAXのエリア内で少しでも速い速度を求めるのなら、一般的にはWiMAXの方がより速い速度が得られると思います。

 

 ただ、これも「よーいドン」で比較すればの話で、実際にWiMAXから乗り換えてみると、あまり「遅くなったな」とは感じず、むしろエリアが広くなって使い勝手が良くなったと感じています。

 

 実際にネクストモバイルの速度を計測していますので、よかったら見てみて下さい。
 参照記事→ネクストモバイルの速度計測結果

 

ネクストモバイルは2年縛り

Nextmobile,demerit,ネクストモバイル,デメリット

 ネクストモバイルは更新月以外に更新すると、違約金を取られます。

 WiMAXなどは3年縛りが多いので、むしろ2年縛りのネクストモバイルはメリットと言えない事もないかもしれません。
 しかし、2年縛りはやはりデメリットでもあるという事でお知らせしておきます。

 

 個人的には3年縛りよりはマシな2年縛りという事で納得の上で申し込んでいますが、2年以内に生活がガラッと変わって必要なくなる人もいるかもしれません。

 

 また、政府も最近の携帯電話の価格(利用料)が世界的に見ても高すぎるという事で見直しをキャリア携帯に求めていますので、そうなってくると状況が一変するかもしれません。
 参照記事→ネクストモバイルと違約金

 

まとめ

 ネクストモバイルは、容量を増やすことができず、PING値もあまり良くありません。
 また、WiMAXよりも速度が遅めなので、意外と躊躇する人もいるかもしれませんが、実際に使って見るとエリアの広さにはかなり救われます。

 

 とくに、建物の奥など、WiMAXでは電波が届きにくかったりするところでも入ったりするので、結構重宝して使っています。
 むしろ端末の水没対応オプションが無いのが気になります。
 WiMAXと比較すると速度点が気になりますが、ギガ放題でもLTEを沢山使う人であれば7GBで打ち止めになってしまうWiMAXよりも、コスパが高く、普通に20GB以上使えるネクストモバイルも十分に候補に入るのではないかと思います。

 

 住んでいる地域がWiMAXのエリアをみて微妙な場合や建物が入り組んでいる場所などでの使用を考えているならネクストモバイルも良いと思います。

 

 ちなみに、私自身はWiMAXからネクストモバイルに乗りかえて結構満足しています。
 とくに、出張があるので、地方都市に行っても「入らないかもな」という心配をしなくて済むのはありがたいです。
 ネクストモバイル公式サイト→https://next-mobile.jp/campaign/

 

NEXT mobile